ENGLISH

カントリー、ジャズ、ブルースシンガートミ藤山 Official Website

COLUMN

アメリカ公演、その1

ファンの皆様の、ご声援のお陰さまで、アメリカ公演は大成功でし
た!

やっと帰国できましたが、帰りの飛行機が5時間もアトランタ飛行
場で、待つ事になりまして、待ち時間が長い事と、飛行時間が長く
て、大変疲れてしまいました。

今日まで、時差ぼけで、一日中眠くて何も出来なくて、レポートを
書く事が、遅くなってしまいまして、申し訳ございませんでした。

20日に日本を立ちまして、今回はデルタ航空でアメリカに行きまし
た。成田からアトランタ経由で、ナッシュビルに着きました。

マロさん(日系アメリカ人)彼は素敵なギターリストです。お迎え
に来て頂きました。今回の私達二人をお世話して下さって、送り迎
えから全ての面倒を見て下さいました。


そして、ステージではギターを弾いて下さいました、感謝していま
す。

20日がずっと続いて長い一日を感じました。やはり年のせいかも、
、、、、

21日と22日は、ぼーっとしていましたが、23日からは気持ちを変え
て、23日は、Alison Brownさんの会社へ行きまして、打ち合わせを
しました。

 



今回は、急遽、伴奏をして下さる事になりました。感激です!

とても優しくて素敵な方です、10月に横浜公演の時に初めてお会い
しました。

曲目と時間、20分と言う事でしたので、3曲と日本の歌「リンゴ追
分」の4曲を演奏する事になりました。プロデューサーから、前回
も日本の歌を、歌って欲しいと言われましたので色々と歌いました。
今回もリンゴ追分を歌う事になりました。

この番組には、今回で2回目の出演です。インターネット放送にな
りました。

 


24日「MusicCityRoots」の生放送本番になりました。いよいよ出番
です。

アナウンサーが、Alisonさんと、私を紹介してくれました。

Alisonさんとバンドの皆様がステージに上がって、私の歌のイント
ロが、かっこよく始まりまして、JAMBALAYAを8ビートに乗って唄い
ました。

お客様から、沢山の拍手を頂きまして、嬉しくなってしまいました。

2曲目は、ギターのインストで、全員で「COUNTRY POLKA」を演奏し
ました。

この曲も凄い拍手で、大受けでした。楽しく演奏が出来ました。

 

3曲目は、日本の歌「リンゴ追分」この曲は一人で弾き語りをしま
した。

 


お客様が泣きそうなお顔をして、静かに聴いて下さって、凄い拍手
を頂きました。

どうして、日本語だけの歌なのに、こんなに感激して下さるのか不
思議でしたが、後で、皆様から、私の歌にはS0ul(心、魂)を感じ
ると言われました。

4曲目最後の曲は、「Tennessee Waltz」このイントロをAlisonさん
の、バンジョーから始まりました、優しい素敵なバンジョーの音が
素晴らしくて、気持ちよく歌う事が出来ました。Alisonさんとバン
ドの皆様に感謝しています。

唄い終わった時に、スタンデイングオベーションになりました。

私は、とても嬉しくて感激して、心から歌う事の幸せを感jました。

アメリカの人たちは、私の歌を理解して下さる、本当に嬉しい事です。

 

 

※Music City Rootsでの当日の模様はインターネットで視聴できます。

 

ここをクリックしてください。トミ藤山は90分過ぎから登場します。

▲PAGETOP